fx取引の人気通貨ペアを解説

FXの利益の出し方とは?

人気の通貨ペアの話をする前に、
そもそもFXってどうやって利益を出すのか理解しておいてほしいので、
書かせてください。

トルコリラ/円チャート

 

基本的には、利益の出し方として、2つの方法があります。

  • 為替差益による利益
  • 金利差益による利益

この2つになります。

 

為替差益で利益を出す方法

FXは、2国間の通貨をペアにして取引を行います。

 

チャート

「米ドル/円」
という表記ならば、
「円を売って米ドルを買う」か「米ドルを売って円を買う」
という取引の通貨ペアを表しています。

 

そして、為替変動によりレートが変わったところで決済して(売買を完了させる)為替差益を利益として得るというのが、FXの投資方法の一つです。

 

もちろん、予想していた相場にならなかった時は、
利益ではなく、損失が出てしまいますので注意してください。

 

金利差益で利益を出す方法

各国には政策金利というものがあります。
その政策金利は、通貨売買にも反映されます。

 

金利の低い国の通貨で、金利の高い国の通貨を買うと、金利による利益が得られるのです。

 

銀行員

例えば、日本の金利は、0.1%,
オーストラリアの金利は、2.0%
とすると、その差の1.9%の金利がもらえます!

 

金利は年換算なので、その金額を日割りにした金額を、
決済が完了するまで、毎日受け取れます。

 

この毎日受け取れる金利をスワップポイントと言います。

 

スワップポイントですが、高金利通貨で低金利通貨を買うと、
貰えるのではなく、支払わなければいけませんので注意してください。

 

 

通貨ペアは、色々な通貨ペアが組めます。
どこのFX会社で口座を開くかによって、扱える通貨ペア数は異なります。
主要通貨のペアは、ほとんどのFX会社で扱いがありますが、
マイナーな通貨だと限られています。

 

またスワップポイントもFX会社によって、ポイント数が異なりますし、
日々変化します。
スワップポイントを狙う人は、定期的にチェックが必要です。

 

主要3大通貨とは?

世界中の通貨の中でも、主要3大通貨とよばれる通貨があります。
米ドル(USD)、ユーロ(EUR)、日本円(JPY)の3つです。

日米国旗

 

流通量が多い3つなのですが、
特に米ドルは、圧倒的に大きなシェアを持っていて、
世界経済は、アメリカ中心に動いているという証拠でもあります。
シェアは7割から8割にもなります。

 

アメリカが絡まない国同士の取引(輸出入など)の決済も米ドルで行われたりします。
米ドルは世界で、決済通貨の役割を果たしています。

 

日本でFX取引をするなら、米ドル/円がやはり、一番取引量が多いですね。
日本経済はアメリカ経済の影響をもろに受けますし、一番、情報を得やすい通貨ペアです。
人気があるというより、まずはここから的な基本通貨ペアですね。

 

日ユーロ国旗

その他のペアは、ユーロ/円、ユーロ/米ドルになりますが、
主要通貨同士の通貨ペアのメリットは、相場が安定していて素直な動きをしますから、
先を読みやすいという事でしょう。

 

あと、取引量が多いので、スプレッドが狭いのも利点です。

 

その他の主要通貨

3大通貨以外の主要通貨としては、
英ポンド、豪ドル、カナダドル、スイスフラン、があります。
2016年10月からは、中国の人民元も入る予定です。

 

英ポンドは、元々金融市場が活発なイギリスの通貨だけあって、
取引量も日本円に次いで多く、人気があるのですが、
相場は、急変しやすい時があります。

 

日中国旗

また、中国の人民元は、取引量は、円を抜いて世界第3位になっています。
FX取引において、今後どうなるかは分かりませんが、
世界経済に、大きな影響を与えていくことは間違いなさそうです。

 

主要通貨以外は、マイナー通貨などと呼ばれます。
FXにおいては、マイナー通貨でも高金利を理由に人気の通貨もあります。

 

取引スタイルによって人気の通貨はあるの?

各通貨には、動きに特徴があったり、金利が高かったりと、
色々な特徴が見られます。

 

FXでは、取引スタイルによって、向いている通貨ペアがあります。
ここでは、代表的な通貨を紹介します。

 

短期売買に人気の通貨ペア

短期売買は、1日の内に何度も売買をして、小さな利益を積み重ねる取引スタイルで、
スキャルピングとかデイトレードというものがあります。

FXトレードする女性

 

重要なのは、スプレッドの狭さと、相場の読みやすさです。
何度も決済(売買)し、その度にスプレッドを支払わなければいけませんから、
スプレッドはなるべく狭い通貨のほうが良いのです。

 

そうなると、向いている通貨ペアは、
米ドル/円、ユーロ/円、ユーロ/ドル、ポンド/円
あたりです。

 

ポンド/円は、相場が急変することもあるので、
大きな利益を得ることも出来ますが、その逆もありえます。

 

長期売買に人気の通貨ペア

長期売買は、期間でいうと数か月から数年をかけて1回の売買を行う取引スタイルです。
これは、金利差益を狙うものなので、高金利の通貨が人気です。

日豪国旗

 

売買の回数は少ないので、スプレッドはそこまで気にしなくてもいいですが、
マイナー通貨同士の取引の場合は、ちゃんと計算しておいた方がいいでしょう。

 

人気の通貨ペアは、
豪ドル/円、NZドル/円、南アフリカランド/円、トルコリラ/円
といった通貨ペアになります。

 

豪ドル、NZドルは、資源国で、相場も比較的安定していて、
スワップ狙いなら、この2つの通貨でしたが、
近年、金利が下がってきて、旨みは以前ほどはありません。

 

日トルコ国旗

南アランドやトルコリラは、依然高い金利ですので、
スワップポイントも高く設定されている場合が多いです。
ただし、相場が不安定で、スワップポイントは得られるが、
為替損益でマイナスが出てしまい、
トータルで損失が出るということはあり得ます。

 

ですので、損切のタイミングは前もってはっきりさせておいた方が良いでしょう。
トルコリラ/円チャート
またトルコリラ/円の相場を見てみると、年々少しずつ下落しています。
スワップポイント、為替損益、取引通貨単位、取引金額をしっかり計算しないと、
損失がでますので、注意しましょう。

 

 

arrowトップページに戻る